line decor

 第10回大会のご報告

line decor

文学的な文章―「問い」から「わかった!」を生み出す授業づくり
 今回のワークショップは問題作りです。といっても,教師が課題を作るというものではありません。子どもたちから出てくる「分からない」を,叙述に則して読むことで,「分かった」にするという基本的な授業の在り方を,ワークショップをとおして学んでいきます。

ワークショップの流れを紹介します。
子ども主体の「考える」国語とは







子ども主体の「考える」国語とは
 
子ども主体の「考える」国語とは
 まずは,松木先生より,学習指導要領や午前中のシンポジウムなどを振り返りながら,今国語に求められていることについてのお話です。「子ども自身が自分の考えをもつこと」の大切さを再確認します。
 続いて黒田先生が,「よく,若い先生から『国語は何を教えてよいか分からない』と言われます」と切り出すと,参加の先生方も思わず苦笑。物語を読み進めるおもしろさは続きを知りたいということなのに,国語の授業は物語を読み終えたところから始まります。子どもたちも,「もうお話は分かっているよ」と思っているかもしれません。でも,「だからこそ国語学習の意義やおもしろさを味わうには教師の力が不可欠」と黒田先生は言います。
 では,どうすれば子どもたち自身が「問い」をもち,考えるおもしろさを味わうことができるのでしょうか。ここで大切なのが,教材研究よりも子ども分析だそうです。
 教師は,熱心に教材研究をすると,ついつい教えたくなります。しかし,問いかけるのは教師ばかり,子どもたちは(教師の)正しい答えを探すことは,「考えること」ではありません。
 子どもの知的好奇心をくすぐり「考えたくなる」授業をするためには,「どうしてなんだろう。」「なんだかわかんないけど,○○な感じだな。」といった,子どもの直観的なひらめきを大切にして,授業を作っていきましょう,という呼びかけに,参加者も大きくうなずきます。

子どもたちの「分からない」を「分かった」に







子どもたちの「分からない」を「分かった」に
 
子どもたちの「分からない」を「分かった」に
 ワークショップの概要とともに,松木先生からも,「『教師が教えたつもりになっていないか』という部分を大切にしましょう」という呼びかけがありました。基本は,「子どもたちの分からない」を「分かった」にすること。あくまで子どもが主体です。ただし,教師は見守るだけでよいわけではありません。子どもたちから出てくる「問い」は点なので,その点をつないだり,違った視点を提示して問いを深めたり高めたりするという役割を担うのです。
 いよいよワークショップ開始です。今回は,全ての小学校教科書に掲載されている「大造じいさんとガン」を読み,子どもになったつもりで問題を作って,みんなの前で出題し,答えを出してもらってまとめるというものです。答えは,文脈から読み取れることが条件です。
 初対面の先生たちが4人一グループになり,まずは互いの初発の感想を述べ合います。初めは緊張感もただよっていましたが,教材の感想を聞き合ううちに盛り上がっていきます。松木先生と黒田先生がグループを回りながら,声をかけていく様子は授業そのもの。参加の先生方も普段とは逆の立場で,子どもの気持ちが実感できたのではないでしょうか。

表現によりそって,考えを出し合う


表現によりそって,考えを出し合う
 
表現によりそって,考えを出し合う
 グループで問題と答えを画用紙に書き,黒板に掲示して発表していきます。つまり,グループで「どうしてだろう」と思ったことを話し合い,「分かった」と思ったことを他のクラスメイトにも教えるということになります。答えを導くことも楽しいのですが,思わぬ考えが出てきたり,自分たちも迷ったことに疑問が出てきたりして,発表の場でも再び考えることになります。文章の表現をたよりに意見を交わすうちに「なるほど」「へえ」などと驚嘆の声が挙がることも。グループの発表ごとに松木先生からの助言が入り,自分が求めている答えをもらうためのこつや,子どもの言葉を繰り返しながら話を進める必要性などが説かれます。子どもたちに問題作り学習を実践するときに役立つだけでなく,日々の授業でもすぐに使えることばかりです。
 「教材研究をして分かったつもりでいても,こういう聞き方をされると考えることがまだまだあったかと思います」という松木先生の締めくくりは,参加者みなさんの思いだったことでしょう。

黒田先生の実践紹介  
黒田先生の実践紹介
 ワークショップの後は,お待ちかねの黒田先生の実践紹介です。残り時間が短く駆け足でしたが,ワークショップでも使用した「大造じいさんとガン」を,先生がどういう展開で授業をしたのか,子どもたちの初発の感想からどういう部分を拾って話し合ったのか,どう読み広げていったのか,などを具体的に知ることができました。

 繰り返し強調されたのは「子どもの問い」を大切にすることでした。その方法や具体を,実際に経験することで,改めて認識できた2時間となりました。
【講師の先生のひとこと】
松木正子先生  
松木正子先生
 「大造じいさんとガン」を使ってのワークショップでした。子供になったつもりで「問題」を作り,友達に考えてもらうという設定でグループ活動をしていただきました。短い時間でしたが,にわか仕立てのグループでの和気藹々とした明るい声が印象的でした。子供が「考えることは楽しい」「分かる」と自覚できる授業づくりのために考えていただきました。でも実際に問題として提示してみると伝わらないこともあったり,求めた答えに近づいていかなかったりと改めて発問の難しさに気付かれたようでした。
 後日,学校に伺ったり研究会でお会いしたりした先生方から「子供の気持ちが分かった」「発問の難しさが分かった」等々,楽しかった,また参加したいとの声を伺いました。ありがとうございました。
黒田英津子先生  
黒田英津子先生
 問題作り学習の魅力は,問いを見つけるところにあると思います。 ワークショップでは,「深イイ問題」が多く出て勉強になりました。実際に子どもたちに取り組ませると,もっと素朴な問いがたくさん出てきます。「深イイ問題」と「素朴な問い」を組み合わせ,対話が生まれるように仕組むことが教師の役割かと思います。とても充実した時間をもてたことに感謝します。