line decor

 第2回大会のご報告 >> 「ことばと学びをひらく会」第2回研究大会お礼

line decor

 
 

第2回研究大会のお礼
高木まさき

      「ことばと学びをひらく会」会長    高木まさき(横浜国立大学)

 「ことばと学びをひらく会」第2回研究大会を,去る10月26日(日)に,東京都文京区の日本女子大学において開催いたしました。昨年度より募集人数を150人増やし,定員350人といたしましたが,ほぼ満杯状態となり,盛況のうちに会を終えることができました。これもご参加下さいました皆様の熱意とご協力の賜と深く感謝申し上げております。本当にありがとうございました。

研究大会の様子

 今年の大会は,「新学習指導要領「国語」を教室で具体化する」をテーマに,内田伸子先生(お茶の水大学副学長)の記念講演のほか,6つのワークショップ及び2つの講座等を企画いたしました。内田先生のお話はもとより,どのワークショップや講座も、講師の話だけでなく,北は青森・岩手・秋田、南は高知・福岡・熊本など全国からお集まり下さった先生方の日頃の取り組みなどの交流や,学生・院生から大学教員や校長先生まで交えたワークショップへのチャレンジによる熱気で,大いに盛り上がりました。そのことは、お帰りにお出しいただいたアンケートにおいて,昨年以上の高いご評価をいただいたことからもうかがうことができます。

 むろん,問題がなかったわけではございません。やはり土曜日の開催がよい。募集人数やワークショップの定員を増やしてほしい。講座IIは3講座とも受けたかった。駅からのバスをチャーターしてほしい。開催を知ったのが直前すぎた,などなど。中には実現が難しいと思われるご指摘もいただきましたが,次回大会テーマも含め,参考になるご意見を多々いただきました。それらご要望をできるだけ生かせるよう検討を重ね,工夫して参りたいと存じます。

 第3回の研究大会も充実した時を過ごせるよう,今から全力で準備して参りますので,次回もお誘い合わせの上,ぜひご参加くださいますよう,よろしくお願い申し上げます。

 以上,簡単ではございますが,御礼とご報告をさせていただきます。